映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

ディキンスン~若き女性詩人の憂鬱~ まとめ(Apple TV+オリジナルドラマ)

f:id:youmeshi:20220120222700j:plain

ディキンスン~若き女性詩人の憂鬱~ まとめ

ヘイリー・スタインフェルドとエラ・ハント

ホークアイ』みてヘイリー・スタインフェルド熱が上がりまして、そしてちょうどipadを購入した特典でAppleTV+3か月無料が付いてきましたので、タイミングよくこのドラマを見れました。結果的に見て良かったですわ。

ブスっとした不機嫌顔が可愛いヘイリーちゃん。主演とプロデューサーを兼ねているので自分を良く生かしたドラマだったと思いましたね。

髪をアップした時は幼くみえるけど、下すとグンと美女になるヘイリーちゃん、好きです。死神と会う時の赤いドレス姿も綺麗だった。

ヘイリーちゃん目当てでみて気づいたらスー役のエラ・ハントにも目を奪われましたわ。

エラ・ハントは『アナと世界の終わり』の主演の子として認知してました。このドラマでも歌声披露してました。アナ~の時はエラ・ハント自体には惹かれなかった。たれ目なのでブレイク・ライブリーっぽいなって思ったくらい。スーの役柄に合ってたのか、このドラマのエラ・ハントは見てて少々危なっかしい感じが魅力的だった。

そして元々百合好きなのでエミリとスーの絡みは大変よろしゅうございます。ありがとうございました。

まとめ

特典映像でプロデューサーが言ってたけどこのドラマ、エミリ・ディキンスンの伝記ドラマではなく、彼女を現代の女性目線で描いているんですよね。
エミリに会った人はもうこの世にいないから誰も本当のエミリのこと知らないから脚色しまくってる。
わたしはあのポップな演出は好きでした。見やすくて。エミリ・ディキンスンガチ勢の人や歴史に詳しい人だと解釈違い!って言うかもしれないけど。笑

日本語吹き替えも少し見たけどヘイリー・スタインフェルドの吹き替えの声がが彼女の声と合ってなくて、変な感じ。
欧米の人って声が低いからキャピキャピした声は違和感なのよねー。まー字幕見ればいいんですけど。

あと、日本人的にはサブキャラクターのトシアキの存在が変に気になりました。父親がサムライのトシアキ。彼は多様性を出すためのキャラだったのだろうか。

オフショット

ヘイリー・スタインフェルドとエラ・ハントがインスタに上げてるオフショットがよいね。みんな仲良さそう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by hailee steinfeld (@haileesteinfeld)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ella Hunt (@ellahunt)

各シーズン感想

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ