映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

ジェイコブを守るため エピソード1:45分(Apple TV+オリジナルドラマ)

f:id:youmeshi:20220126222341j:plain

ジェイコブを守るため エピソード1:45分

ドラマ情報

  • 2020年制作 45分
  • 製作国:アメリ
  • 原題:Defending Jacob

監督

モルテン・ティルドゥム

出演

クリス・エヴァンス/アンディ
ミシェル・ドッカリー/ローリー
ジェイデン・マーテル/ジェイコブ

あらすじ

息子が同級生殺害の容疑で逮捕されたことから、平和な家族の生活が一変する法廷ミステリードラマ。 
エピソード1:少年の死
区検事補のアンディ・バーバーは息子の同級生が殺害された事件を担当する。

観ようと思ったきっかけ

ネタバレ感想

冒頭、『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』で見た疼痛評価スケールが写る。

オピオイドが関わってくるのか?
陪審に出廷するアンディ。ここで一般人による陪審員が事件を起訴するか否かを決める。この時点でアンディは検事補を辞めている。

10ヶ月前に戻る。

アンディは検事補の仕事をバリバリ。父親に虐待された過去があるっぽい。
妻のローリーも虐待されている子供たちのための施設の仕事をしている。
ジェイコブはテスト勉強する普通の子。家がめちゃくちゃ広い。アメリカの家でかい。


その日、14歳の少年のベン・リフキンの遺体が公園で見つかる。
それがわかると学校では緊急放送が流れ、自動で窓のシャッターが閉まる。アメリカの学校すげー。乱射事件対策のため?

アンディ、警部補のダフィと一緒に現場へ。ベンは胸部を3か所刺され殺されていた。凶器のナイフは見つかってない。

ダフィと一緒に児童への事情聴取をするがみんなマフィア並みに口が堅く捜査はなかなか進まない。と、思ったが、近くに小児性犯罪者のパッツがいることがわかる。

事情聴取の中で一人サラと言う女の子が何か知っている感じだったけどやっぱりマフィア並みに口が堅かった。サラを追いかけるデレク。デレクはジェイコブの友達。デレクも何か知ってる様子?

アンディ、夜中まで仕事。匿名でメールが届く。メールを開くとベンを弔うインスタ画面。そのコメントでデレクがジェイコブに「お前が殺したんだろ。ナイフ持ってるの知ってる」と。アンディ、ジェイコブが寝ている中で彼の部屋を捜索。サイドベッドの引き出しに靴下に入ったナイフを発見。

 

息子のジェイコブが容疑者として捕まるってあらすじに出てるので、小児性犯罪者が出てくるのは彼が本当の犯人か?それともミスリードか。
初回は導入部分。事件ものは好きなので最後まで付き合いますが、今のところ可もなく不可もなくって感じ。
クリス・エヴァンスの髭が濃い。もっさもさ。
ジェイコブ役のジェイデン・マーテルはIT組の子だね。クリエヴァとはナイブズ・アウトで共演済み。

星:★★★

次のエピソード

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ