映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

ライド・ライク・ア・ガール【98分】

f:id:youmeshi:20220216211401j:plain

ライド・ライク・ア・ガール【98分】

映画情報

  • 2019年制作 時間:98分
  • 製作国:オーストラリア
  • 原題:Ride Like a Girl

監督
レイチェル・グリフィス
出演
テリーサ・パーマー
サム・ニール

あらすじ

10人きょうだいの末娘として生まれたミシェル・ペインは、生後間もないころに交通事故で母が他界したが、父や多くの兄たちに囲まれて健やかに成長する。ペイン家は調教師の父をはじめ、兄たちのほとんどが騎手という競馬一家で、ミシェルも思春期にあたる頃には騎手になることを願うようになる。やがて華々しいデビューを飾るミシェルだったが、落馬によって騎手生命を左右するような大ケガを負う。それでもミシェルは、亡き母と家族の思いを胸に、女性騎手では勝てないとされてきた競馬界の「聖杯」に挑む。 オーストラリア競馬最高の栄誉とされるメルボルンカップで女性騎手として初めての栄冠を手にしたミシェル・ペインの半生を映画化。

観ようと思ったきっかけ

  • huluにあったから

ネタバレ感想

huluで。

実在の人物を描いた映画は数多くありますが、実際の映像を冒頭で流すのは珍しいパターン。普通はラストに映像や写真が流れるからね。

オーストラリアのメルボルンカップで初めて女性騎手が優勝した話。
基本的にサクセスストーリーで良い話なんだけど、ただ出来事をダイジェスト的に演出してるだけって感じで映画としては面白くなかった。

冒頭でペイン家族の説明したんだから、わざわざ子役出さないで最初からテリーサ・パーマーを登場させればいいのに。そこがまどろっこしく感じた。
あと10人兄弟の描き訳が出来てなくてダウン症のスティーヴィーしかわからなかった。前半でお姉さんが落馬して亡くなったけど、誰だかわらかないから「あ。そうなんですか」で終わってしまった。メルボルンカップで乗る馬との絆もほとんど感じられなかった。浜辺で走ってたシーンはキレイだったけど。全部、ダイジェストだったのがほんともったいない。

ティーヴィーはご本人がご本人役を演じてましたね。

星:★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ