映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

ドライブ・マイ・カー インターナショナル版【179分:R15+】

f:id:youmeshi:20220301222617j:plain

ドライブ・マイ・カー インターナショナル版【179分:R15+】

映画情報

  • 2021年制作 時間:179分 製作国:日本
  • R15+:刺激の強い性愛描写がみられるため(映倫から引用)

監督
濱口竜介
出演
西島秀俊/家福悠介
三浦透子/渡利みさき
霧島れいか/家福音
パク・ユリム/イ・ユナ
ジン・デヨン/コン・ユンス
ソニア・ユアン/ジャニス・チャン
安部聡子/柚原
岡田将生/高槻耕史

あらすじ

舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。

観ようと思ったきっかけ

  • 話題作なので

ネタバレ感想

アマゾンプライムビデオで。

配信のインターナショナル版を見ました。
映画館だとPG12で配信だとインターナショナル版になってR15+になってるみたい。簡潔な性愛描写か刺激の強い性愛描写の違い。セックスシーンは家福と音、音と高槻の絡みでおっぱいもお尻も出てなかったのでそこまで刺激さはなし。西島さんの横尻は一瞬映ったけど。

妻を亡くした舞台演出家と母に虐待されてたドライバーのお互い喪失感を抱えながら広島から北海道までのロードムービー
日本ではロードムービーって少ないのでキレイな景色が見られて楽しかった。
チェーホフは全くわからないので家福の舞台の内容はよくわからなかったけど、多国語での演出は面白いなって思った。演じる方は大変そうだったけど。
主要キャスト以外の人たちも良かった。通訳役の韓国人男性が良かった。台湾人と手話の人もきれいだった。でも一番好きになったのは舞台スタッフのおばさん。役所の人っぽくて最高だった。ああいう人役所にいる。

あと岡田将生の使い方が最高だった。顔はいいけどクズ野郎。この映画でもそうでした。未成年に手を出して事務所クビになった俳優役。おまけに音と不倫して自分の写真を撮った一般人を殴って結果的に死なせた結末にビックリだよ。
ネットの飛ばし記事なので信憑性はわからないけど、この役当初は東出昌大がやる予定だったらしいが、彼の不倫問題で降板になったとかなんとか。東出くんの高槻も見たかった。なんせ濱口監督は東出くんの正しい使い方を分かっている人なので(『寝ても覚めても』参照)

辛い過去を持ったみさきがラスト、家福と同じ車でワンちゃんと一緒に韓国で新しい生活をしている幸せを感じる優しいシーンで良かった。みんなマスクしてたから実際のコロナ禍世界にいる設定だろうけど。

星:★★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ