映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

きばいやんせ!私【116分】

f:id:youmeshi:20211225223032j:plain

きばいやんせ!私【116分】

映画情報

2018年制作 時間:116分 製作国:日本

監督
武正晴

出演
夏帆/児島貴子
仲野太賀/橋脇太郎
岡山天音/下園洋平

あらすじ

東京での生活に疲弊し、将来を見失っていたアナウンサーの貴子は、彼女が幼少期を過ごしたことがある本土最南端の町、鹿児島県南大隅町での取材を命じられる。久しぶりに南大隅町の地に戻ってきた貴子だったが、いやいやながらの仕事は力が入らず、ぞんざいな取材を続けていた。しかし、町を盛り上げるために必死な役場の職員をはじめ、それぞれの立場で懸命に働く町の人びとと触れ合う中で、仕事との向き合い方、人間らしい生き方を考えるようになる。次第に元気を取り戻し始めた貴子は、本気で取材に取り込むようになり、アナウンサーとしてこの町の文化をしっかりと伝えることへのモチベーションを高めていく。

観ようと思ったきっかけ

U-NEXTにあったから

ネタバレ感想

U-NEXTで。

クソにはクソをぶつけんだよ!って感じでクソテレビマンとクソ田舎祭りの融合をみた。が、肝心の祭り部分がつまらんかった。
不倫して飛ばされたのが女子アナだけで、相手のプロデューサーがおとがめなしっぽかったのが引っ掛かった。この場合どっちも飛ばされるべきでしょう。
太賀が出てた『泣く子はいねぇが』をみた後なので、こちらの太賀も酒飲んですっぽんぽんになるのではないか?と勝手にヒヤヒヤしたりして。

星:★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ