映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

ミナリ【115分】

f:id:youmeshi:20220405222918j:plain

ミナリ【115分】

映画情報

  • 2020年制作 時間:115分
  • 製作国:アメリ
  • 原題:Minari

監督
リー・アイザック・チョン
出演
ティーブン・ユァン/ジェイコブ
ハン・イェリ/モニカ
アラン・キム/デビッド
ノエル・ケイト・チョー/アン
ユン・ヨジョン/スンジャ

あらすじ

農業での成功を目指し、家族を連れてアーカンソー州の高原に移住して来た韓国系移民ジェイコブ。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを目にした妻モニカは不安を抱くが、しっかり者の長女アンと心臓を患う好奇心旺盛な弟デビッドは、新天地に希望を見いだす。やがて毒舌で破天荒な祖母スンジャも加わり、デビッドと奇妙な絆で結ばれていく。しかし、農業が思うように上手くいかず追い詰められた一家に、思わぬ事態が降りかかり……。

観ようと思ったきっかけ

  • 100円レンタルだったから

ネタバレ感想

アマゾンプライムビデオで。

貧乏人が結局貧乏のままで終わる映画は親しみやすくて好きですね。貧乏は世界共通ですからね。

この映画も貧乏一家の話です。
アメリカに移住してきた韓国人一家。トレーラーハウスを見た妻のモニカの表情が最高に良かった。わたしもモニカだったら同じ顔する。
夫のジェイコブ、お金がないので誰も手に付けない土地で農作業をする。最初は水が出たが、途中から地下水が枯れ水道水で賄っていたが、その水道水も止められる始末。妻のモニカはこんな田舎よりも韓国人が多いカルフォルニアに住みたい。そこなら病院も近い。息子のデビットの心臓病が心配だから。娘のアンは一家の中で一番存在感が薄いけど、両親が仕事に行っている間デビットの世話したり、お姉ちゃん故の損な役回りしてるんだろうなって思うと泣いちゃう。
子守のお手伝いとしておばあちゃん登場。面白おばあちゃんで言動にゲラガラ笑っちゃったけど、脳卒中になっちゃって急にシュンってなっちゃったよ。これからあったからオスカー取ったのかな。納得。おばあちゃん、ゴミを燃やそうとしてるシーンで絶対火事になるなって思ったら案の定その通りになってそうだよねーって思ったよ。おばあちゃん。

やっと取引先が見つかって、デビットの心臓病も安定して、なんとかやっていけそう!ってなった矢先の火事はね。絶望ですよね。そこがいいんですけど。ラストは結局ダウジングに頼って水源を見つけもう一度やり直そうって絶望の中での希望な感じが良かったです。

星:★★★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ