映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

科捜研の女 -劇場版-【108分】

科捜研の女 -劇場版-【108分】

映画情報

2021年制作 時間:108分 製作国:日本
監督
兼崎涼介
出演
沢口靖子/榊マリコ
内藤剛志/土門薫
佐々木蔵之介/加賀野亘

あらすじ

京都・洛北医科大学で女性教授が転落死する事件が発生。科捜研のマリコたちは早速鑑定を開始するが、殺人の決定的な証拠は見つからず、自殺として処理されそうになる。そんな矢先、国内外の各地で同様の転落死が相次ぎ、京都府警は再捜査に乗り出す。やがて、捜査線上にある人物が浮かび上がり……。

観ようと思ったきっかけ

ネタバレ感想

アマゾンプライムビデオで。

ドラマは未見です。
一応、ドラマ未見の人向けに冒頭でメインキャラの紹介はしてくれるが、捜査がメインなのでそこまでキャラの相関図を頭にいれなくても大丈夫だった。
連続転落死事件。事故か自殺か、もしくは殺人か。
ダイエット菌の毒性が異常行動を引き起こす。

2時間ドラマでもよいのでは?と思ったけどなかなか面白かった。京都が舞台みたいなので季節を秋にして紅葉を見せたのは映画として意識した演出だったのかな。
あとはマリコさんの人使いの荒さに笑った。

星:★★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ