映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

孤狼の血【126分:R15+】

f:id:youmeshi:20220308215848j:plain

孤狼の血【126分:R15+】

映画情報

  • 2018年制作 時間:126分 製作国:日本
  • R15+:刺激の強い殺傷流血描写がみられるため(映倫から引用)

監督
白石和彌
出演
役所広司/大上章吾
松坂桃李日岡秀一
真木よう子/高木里佳子
石橋蓮司/五十子正平
江口洋介/一之瀬守孝
竹野内豊/野崎康介

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。

観ようと思ったきっかけ

  • LEVEL2の予習のため

ネタバレ感想

アマゾンプライムビデオで。

映画館ぶりに再見。
昭和末期の広島の夏が舞台なのでみんな汗かいてギトギトしてて良い。

ヤグザを取り締まる"ガミさん"こと大上を演じる役所広司役所広司力(りょく)がすごい。この映画の8割は役所広司力(りょく)のおかげでギトギトして魅力的。
広島大学出身のエリート新人刑事の日岡。通称"広大"。実はガミさんの汚職を調べる監察役で本部からの出向。
違法行為ばかりするガミさんに呆れつつ、どんどんとガミさんの魅力に染まっていく日岡。ガミさんが死んだ後に見つけたガミさんの赤ペン先生的な日誌指導に泣く日岡。良いシーンだった。
ガミさん、ヤクザとズブズブで私腹を肥やしてるんだろって思ってたけど、実は堅気のためにヤクザをコントロールしていた。ヤクザとズブズブで私腹を肥やしていたのは県警本部のお偉い連中だった。ガミさんはその証拠を書き留めているノートを持っていて、それを日岡に盗ませようと彼を出向させたわけ。日岡それ知ってブチ切れで一ノ瀬に五十子のタマ取らせて一ノ瀬捕まえてやってやったぜ。

江口洋介竹野内豊が並ぶとほんのり月9感。トレンディードラマ臭。
ピエール瀧は唯一の癒し役。MEGUMI中村倫也の贅沢な使い方。
石橋蓮司アウトレイジでも悲惨だったけどこっちでも悲惨な結末。

日岡はガミさんの意思を継いで呉原のヤグザを飼いならしていくのか。
続編観てみよう。

星:★★★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ