映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

キル・チーム【88分:PG12】

f:id:youmeshi:20220216211356j:plain

キル・チーム【88分:PG12】

映画情報

  • 2019年制作 時間:88分
  • 製作国:アメリ
  • 原題:The Kill Team
  • PG12:簡潔な薬物使用の描写がみられるため(映倫から引用)

監督
ダン・クラウス
出演
ナット・ウルフ/アンドリュー
アレクサンダー・スカルスガルド/ディークス軍曹

あらすじ

正義感と愛国心に燃えて、アフガニスタンに渡ったアンドリュー二等兵。地雷により爆死した上官に代わり、新たに小隊に赴任したディークス軍曹は、治安を守ることを口実に無実の民間人に罪を着せ殺害し続けていた。その事実を知りながらも、捨てきることのできない軍人としてのデュークスへの尊敬の念と良心の呵責に苦しむアンドリュー。一方、異変に気づいたデュークスはアンドリューの忠誠心を疑い始める。 アフガニスタンで米兵が一般市民を殺害していたという実話をベースにしたドラマ。

観ようと思ったきっかけ

  • 100円レンタルだったから

ネタバレ感想

アマゾンプライムビデオで。

主演のナット・ウルフは『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のロック様の中の人、『ヘレディタリー/継承』のお兄ちゃんだと思ったら、それは弟のアレックス・ウルフだった。どっちがどっちだかわからないくらいめっちゃ似てる兄弟!
そのナット・ウルフを追い詰めるのはアレクサンダー・スカルスガルド。名前も顔もカッコいい。ちょび髭だって似合います。

2009年、アフガニスタンを舞台にした民間人を故意に殺害した兵士たちの実話を基にした映画。

冒頭のアフガニスタン人の緊張感のない検査からの上官が地雷で吹っ飛んでからのタイトルロールが良かった。

アレクサンダー・スカルスガルド演じる二等軍曹、カリスマ性にあふれどことなく狂気を隠し切れない感じが良かった。
実際に軍曹はじめ5人の兵士が逮捕され、モデルの新人兵士は3年の懲役、軍曹は終身刑を受けたとのこと。

星:★★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ