映画感想のおしながき

自分用のネタバレ感想の備忘録。星は出来の良さではなく好き嫌いでの5段階。たまに映画以外のディズニーリゾートで遊んだ日記やホテル宿泊記もアップします。

はちどり【138分:PG12】

f:id:youmeshi:20220108212110j:plain

はちどり【138分:PG12】

映画情報

  • 2018年制作 時間:138分
  • 製作国:韓国・アメリ
  • 原題:벌새 英題:House of Hummingbird
  • PG12:未成年者の喫煙並びに万引きの描写がみられるため(映倫から引用)

監督

キム・ボラ

出演

パク・ジフ/ウニ
キム・セビョク/ヨンジ
チョン・インギウニの父チョン・インギ
イ・スンヨン/ウニの母
パク・スヨン/ウニの姉
キル・ヘヨン/ヨンジの母

あらすじ

94年、空前の経済成長を迎えた韓国。14歳の少女ウニは、両親や姉兄とソウルの集合団地で暮らしている。学校になじめない彼女は、別の学校に通う親友と悪さをしたり、男子生徒や後輩の女子とデートをしたりして過ごしていた。小さな餅屋を切り盛りする両親は、子どもたちの心の動きと向き合う余裕がなく、兄はそんな両親の目を盗んでウニに暴力を振るう。ウニは自分に無関心な大人たちに囲まれ、孤独な思いを抱えていた。ある日、ウニが通う漢文塾に、不思議な雰囲気の女性教師ヨンジがやって来る。自分の話に耳を傾けてくれる彼女に、ウニは心を開いていくが……。

観ようと思ったきっかけ

  • 気になる新作だったから

ネタバレ感想

U-NEXTで。

14歳の生きづらさを繊細な映像で描いてた。

先生、とびきり美人ではないけれど手がキレイだった。手というか指。
煙草を挟む指、チョークを持つ指、急須でウーロン茶を注ぐ指。官能的。
後輩の女の子が『わたしたち』の主演の子で『わたしたち』の続編として見ても面白いかもと思ったり。
あとエンドロールが韓国語じゃなくて英語なのが、国内だけでなく世界に向けて作ってんだなって思った。

星:★★★

ブログランキング参加してます。クリックして頂けるとありがたいです。 
にほんブログ村 映画ブログへ